お問い合わせ Inquiry・アクセス Acccess
研究活動トップイメージ

論文 Original papers

 リンクの張られている各タイトルをクリックすると、各論文のPDFファイル(1ページ目)をご覧いただけます。
 さらに詳しい内容については「神戸大学学術成果リポジトリ」 http://www.lib.kobe-u.ac.jp/kernel/ で検索いただくか、
 海事環境研究室までお問い合わせ下さい。

タイトル 発行年 著者名、雑誌名、巻号、頁
Regeneration of manganese oxide as adsorption sites for hydrogen sulfide on granulated coal ash. 2014 Asaoka,S., Okamura,H., Akita,Y., Nakano,K., Nakamoto,K., Hino,K., Saito,T., Hayakawa,S., Katayama,M., Inada,Y. Chemical Engineering Journal 254:531-537.
An on-line solid phase extraction method for the determination of ultratrace level phosphate in water with high performance liquid chromatograph. 2014 Asaoka,S., Kiso,Y., Oomori,T., Okamura,H., Yamada,T., Nagai,M.
Chemical Geology 380: 41-47.
Degradation of triphenylborane-pyridine (TPBP) antifouling agent in water by copper ions. 2013 Tsuboi,A., Okamura,H., Kaewcchuay,N., Fukushi,K., Zhou,X., and Nishida,T.
Environmental Technology 34(20): 2835-2840.
水環境における銅ピリチオン防汚剤の運命に及ぼす底質の影響 2013 Togosmaa,L., 岡村秀雄、浅岡聡
環境化学 23(2): 65-72.
Removal of hydrogen sulfide using carbonated steel slag. 2013 Asaoka,S., Okamura,H., MorisawaR., Murakami,H., Fukushi,K., Okajima,T., Katayama,M., Inada,Y., Yogi,C., Ohta,T.
Chemical Engineering Journal. 228: 843-849.
船底防汚塗料から海水中に溶出した防汚剤トリフェニルボランピリジンに及ぼす太陽光の影響 2012 壺井愛、岡村秀雄
環境毒性学会誌 15(2): 31-38.
水環境中におけるトリフェニルボラン化合物の挙動に及ぼす光の影響. 2012 壺井愛、岡村秀雄
日本海水学会誌 66: 275-282
Application of rotating cylinder method for ecotoxicological evaluation of antifouling paints. 2012 Okamura,H., Yagi,M., Kawachi,M., Hanyuda,T., Kawai,H. and Walker,I.
Toxicological and Environmental Chemistry 94: 545-556.
Effects of metal pyrithione antifoulants on freshwater macrophyte Lemna gibba G3 determined by image analysis. 2012 Okamura,H., Togosmaa,L., Sawamoto,T., Fukushi,K., Nishida,T., and Beppu,T.
Ecotoxicology 21: 1102-1111.
Treatment of tetracycline antibiotics by laccase in the presence of 1-hydroxybenzotriazole 2012 Suda,T., Hata,T., kawai,S., Okamura,H., and Nishida,T.
Bioresource Technology 103: 498-501.
Effects of organotin alternative antifoulants on oyster embryo 2011 Tsunemasa,N., Okamura,H.
Arch. Environ. Contam. Toxicol. 61: 128-134.
Elimination of carbamazepine by repeated treatment with laccase in the presence of 1-hydroxybenzotriazole. 2010 Hata,T, Shintate,H, Kawai,S., Okamura,H., Nishida,T.
Journal of Hazardous Materials 181: 1175-1178.
Removal of diclofenac and mefenamic acid by white rot fungus Phanerochaete sordida YK-624 and identification of their metabolites after fungal
treatment.
2010 Hata,T., Kawai,S., Okamura,H., and Nishida,T.
Biodegradation 21: 681-689.
Elimination and detoxification of triclosan by manganese peroxidase from white rot fungus. 2010

Inoue,Y., Hata,T., Kawai,S., Okamura,H., and Nishida,T.
Journal of Hazardous Materials. 180: 764-767.

Simultaneous determination of a pyridine-triphenylborane anti-fouling agent and its estimated degradation products using capillary zone electrophoresis. 2010

Fukushi,K, Yakushiji,Y., Okamura,H., Hashimoto,Y., Saito,K.
Journal of Chromatography A. 1217: 2187-2190.

キャピラリーゾーン電気泳動法による有機ホウ素系防汚剤のアセトニトリル中における分解性評価 2009 薬師寺雄樹、福士惠一、岡村秀雄、橋本陽一、宮道隆、斎藤惠逸.
分析化学. 58(4): 301-304.
Ecotoxicity of the degradation products of triphenylborane pyridine (TPBP) antifouling agent.PDF102.9KB 2009 Okamura,H., Kitano,S., Toyota,S., Harino,H., and Thomas,K.V.

Chemosphere 74: 1275-1278.

有機スズ代替船底防汚剤による広島湾北部海域の底質汚染状況について 2008 常政典貴、 上野博昭、 久保田明利、 岡村秀雄.
環境化学. 18 (1): 19-27.
浸透性反応壁(PRB)を用いた模擬廃棄物カラムからの浸出水の生態毒性の削減PDF102.3KB 2007 西川崇紘、岡村秀雄、磯貝恭史、小野雄策、倉田泰人、渡辺洋一、 毛利紫乃、小野芳朗.
環境科学会誌, 20(6): 493-501.
Abiotic degradation of triphenylborane pyridine antifouling agent in water.PDF100.3KB 2007

Zhou,X, Okamura,H., Nagata,S.
Chemosphere 67(10): 1904-1910.

Concentrations of antifouling biocides in sediment and mussel samples collected from Otsuchi Bay, Japan.
PDF126.3KB
2007 Harino,H., Yamamoto,Y., Eguchi,S., Kawai,S., Kurokawa,Y., Arai,T., Ohji,M., Okamura,H., Miyazaki,N.
Arch. Environ. Contam. Toxicol. 52: 179-188.
Applicability of luminescent assay using fresh cells of Vibrio fischeri for toxicity evaluation.PDF118.5KB 2006 Zhou,X., Okamura,H., and Nagata,S.
Journal of Health Science. 52(6): 811-816.
Toxicity reduction of metal pyrithiones by near ultraviolet irradiation.PDF87.3KB 2006 Okamura,H., Kobayashi,N., Miyanaga,M., and Nogami,Y.
Environ. Toxicol. 21: 305-309.
広島湾北部における有機スズ代替船底防汚剤による海域の汚染状況についてPDF66.2KB 2006 常政典貴、 橋本和久、 山岡雄一郎、 上野博昭、 岡村秀雄.
環境化学. 16(2): 201-211.
Remarkable synergistic effects in antifouling chemicals against Vibrio fischeri by bioluminescent assay.
PDF114.7KB
2006 Zhou,X., Okamura,H., and Nagata,S.
Journal of Health Science. 52(3): 243-251.
Effects of heavy metals on sea urchin embryo development. Part 2. Interactive toxic effects of heavy metals in synthetic mine effluents.PDF84.2KB 2005 Kobayashi,N. and Okamura,H.
Chemosphere 61: 1198-1203.
Accumulation of butyl- and phenyltin compounds in starfish and bivalves from the coastal environment of Korea.
PDF84.2KB
2005 Shim,W.J., Yim,U.H., Kim,N.S., Hong,S.H., Oh,J.R., Jeon,J.K. and Okamura,H.
Environ.Pollut.133: 489-499.
最終処分場浸出水が生態系に及ぼす影響評価 2004 岡村秀雄、毛利紫乃、山田正人、井上雄三、三重野紘央、井藤悠貴、 藤田あい.
環境科学会誌. 17(6): 451-460.
有機スズ代替防汚剤が海産動植物プランクトンに及ぼす影響評価PDF86.9KB 2004 三重野紘央、岡村秀雄、常政典貴.
用水と廃水.46(12): 1031-1036.
Photosensitized degradation of Irgarol 1051 in water.
PDF100.5KB
2004 Okamura,H. and Sugiyama,Y.
Chemosphere 57(7): 739-743.
ミジンコ致死試験による農業地帯を流下する河川水の毒性評価PDF:64.05KB 2004 朴明玉、岡村秀雄、青山勳、須戸幹、大久保卓也、中村正久.
環境毒性学会誌. 7(1): 23-33.
Effects of heavy metals on sea urchin embryo development. 1. Tracing the cause by the effects.PDF100.7KB 2004 Kobayashi,N. and Okamura,H.
Chemosphere 55(10): 1403-1412.
Degradation of the antifouling compound Irgarol 1051 by manganese peroxidase from the white rot fungus Phanerochaete chrysosporium.PDF100.04KB 2004 Ogawa,N., Okamura,H., Hirai,H., and Nishida,T.
Chemosphere 55(3): 487-491.
藻類増殖阻害試験の簡易化と埋立処分場浸出水の有害性評価への適用PDF111.3KB 2003 岡村芙美、豊田智子、市川大介、吉本祥子、岡村秀雄、井上雄三、 毛利紫乃、山田正人、国本学.
水環境学会誌. 26(11): 765-768.
Phytotoxic effects of antifouling compounds on non-target plant species.PDF90.07KB 2003 Okamura,H., Nishida,T., Ono,Y., and Shim,W.J.
Bull. Environ. Contam. Toxicol. 71(5): 881-886.
Antifouling herbicides in the coastal waters of western Japan.(PDF:115.2KB) 2003 Okamura,H., Aoyama,I., Ono,Y., and Nishida,T.
Marine Pollut.Bull.47: 59-67.
埋立処分地の多環芳香族炭化水素類とMCF7細胞増殖活性による安全性評価に関する研究 2002 小野芳朗、加納佐江子、剣持堅志、岡村秀雄.
廃棄物学会誌. 13(6): 370-378.
Effects of new antifouling compounds on the development of sea urchin.PDF93.9KB 2002 Kobayashi,N. and Okamura,H.
Marine Pollut.Bull. 44(8): 748-751.
Photodegradation of the antifouling compounds Irgarol 1051 and Diuron released from a commercial antifouling paint.
PDF106.4KB
2002 Okamura,H.
Chemosphere 48(1): 43-50.
Toxicity evaluation of new antifouling compounds using suspension-cultured fish cells.
PDF92.1KB
2002 Okamura,H., Watanabe,T., Aoyama,I., and Hasobe,M.
Chemosphere 46(7): 945-951.
Algal growth inhibition by river water pollutants in the agricultural area around lake Biwa, Japan.
PDF102.7KB
2002 Okamura,H., Piao,M., Aoyama,I., Sudo,M., Okubo,T., Nakamura,M.
Environ. Pollut. 117: 411-419.



総説 Review papers

タイトル 発行年 著者名、雑誌名、巻号、頁
遺伝子マーカーを用いた船体付着藻類の多様性解析と防汚塗料の違いが付着藻類の種組成に及ぼす影響について 2010 川井浩史, 羽生田岳昭, 岡村秀雄, 河地正伸, 功刀正行, 出村幹英
日本マリンエンジニアリング学会誌. 45(3): 86-90
バイオモニタリングを活用した汚染された水環境の評価と管理PDF:125.8KB 2009 岡村秀雄
安全工学. 45(6): 399-407.
船底防汚塗料に用いられる亜鉛ピリチオンおよび銅ピリチオンの環境影響PDF:89.05KB 2009 岡村秀雄.
付着生物学会誌.26: 33-41.
有機スズ代替防汚剤による海洋汚染 2006 岡村秀雄
安全工学. 45(6): 399-407.
海洋汚染とバイオアッセイ 2006 岡村秀雄.
水環境学会誌. 29: 433-437.
日本で使用される防汚システムの現状 2005 三重野紘央、岡村秀雄.
神戸大学海事科学部紀要. 2: 79-86.
水域で意図的に使用される化学物質の環境内運命 
-防汚剤イルガロールの分解性-
2005 岡村秀雄.
水. 47(3): 37-40.
有機スズ代替防汚剤の生態系影響 2005 岡村秀雄.
日本マリンエンジニアリング学会誌. 40(1): 35-38.
有機スズ代替防汚剤と沿岸海洋環境PDF107.4KB 2004 岡村秀雄 .
日本海水学会誌. 58(4): 361-366.
化学物質の生態系影響評価試験の開発動向
-試験キットを用いた毒性試験法とその適用-
2002 岡村秀雄.
瀬戸内海区水産研究所 調査研究叢書第2号、37-43.



Book Chapters

タイトル 発行年 著者名、著書名(編者名)、頁、出版社名
Detoxification of steroidal hormones in the aquatic environment. 2008 Nishida,T. and Okamura,H. 
Drinking water: Contamination, toxicity, and treatment (Eds. Romero,J.D., Molina,P.S.),213-222. New York, NOVA Publishers
Antagonistic and synergistic effects of antifouling chemicals in mixture. 2008 Nagata,S., Zhou,X., Okamura,H.
Ecotoxicology. Vol.1 of Encyclopedia of Ecology (Eds. Jorgensen,S.E. and Fath,B.D.). 5 vols. pp.194-203. Oxford, Elsevier.
Present status of the antifouling systems in Japan: TBT substitutes in Japan. 2006 Okamura,H and Mieno,H.
Antifouling Paint Biocides. The Handbook of Environmental Chemistry 5.0  (Ed. Konstantinou,I.K.). Vol. 5, Part O: 201-212, Springer-Verlag Berlin Heidelberg
環境・健康科学辞典 2005 (日本薬学会編) pp.795, 丸善
環境毒性学における単一種試験の適用と解釈に関する指針文書(カナダ環境省出版物 Guidance Document on Application and Interpretation of Single-species Tests in Environmental Toxicologyの訳書) 2004 楠井隆史、田中宏明、浅見真理、岡村秀雄、奥川光治、小野芳朗、毛利紫乃、山下尚 之、山田正人、
土木研究所資料第3921号, pp.258



その他Other

タイトル 発行年 著者名、著書名(編者名)、頁、出版社名
シンポジウム「船底塗料による船体抵抗の低減」の司会をして 2013 岡村秀雄
日本マリンエンジニアリング学会誌, 48(3): 2-5.
神戸大学自然科学系先端融合研究環 内海域環境教育研究センター 
環境生化学分野の研究室紹介
2012 岡村秀雄、林美鶴、田辺祥子
日本マリンエンジニアリング学会誌, 47: 150-153.
「生物越境移動の防止のための技術」特集号に寄せて 2011 岡村秀雄
日本マリンエンジニアリング学会誌. 46(4): 66.
特集号に寄せて「船底塗料と海洋環境に関する最新の話題」 2010 岡村秀雄
日本マリンエンジニアリング学会誌. 45(3): 47



招待講演などInvited lecture etc.

講演名 開催年 会場
岡村秀雄
船底防汚剤と海洋汚染
第23回日本環境毒性学会 企画シンポジウム「海洋汚染による生態影響とその対応策」
2017 東洋大学
Li,GX, Okamura,H., and Asaoka,S.
Dissoved copper concentration in seawaters in Osaka Bay, Japan.
2014 中国ハルビン大学海洋先進材料研究院
Satellite Meeting of the 9th SPSJ International Polymer Conference (IPC2012)
Antifouling system and aquatic environment.
2012 Kobe Univ.
神戸大学大学院海事科学研究科
平成24年度公開講座「海洋環境の汚染、その対策」
船のおしりはなぜ赤い?
2012 練習船深江丸、神戸-坂出-高松-神戸
Marine pollution by chemicals and protection of marine environment.
Marine environmental deterioration by ship.
2010 揚州大学、江蘇省揚州市、中国
水域における化学物質汚染とその影響について 2009 山口大学工学部
2008年度日本財団寄附講座 京都大学・神戸大学合同市民公開講座「人と海のかかわり 人・社会・自然を考える」海洋・河川における化学物質の管理. 海で意図的に使用される化学物質は環境に安全か? 2009 メルパルク京都
2008年度日本付着生物学会研究集会. 新規防汚剤の環境影響 2008 東京海洋大学
平成19年度日本水産学会近畿支部シンポジウム-近畿の水環境の現状とその制御に向けて. 「トリブチルスズ代替防汚剤による沿岸域の汚染とバイオアッセイを用いた毒性評価」 2007 神戸女学院大学
Protection of Marine Environment. Man-made chemicals used on ship hulls on purpose.2nd Oxford Kobe Institute International Maritime Seminar: Sustainable Maritime Transport. 2007 Kobe Institute.
浸出水対策のための浸出水の毒性評価, 平成18年度中国四国地域産業廃棄物処理等技術研修会 2006 岡山県生涯学習センター
世界自然保護基金ジャパン 講演会「サンゴと化学物質」「バイオサイドとは?-沿岸域汚染の現状と環境管理」 2006 環境省国際サンゴ礁研究モニタリングセンター、沖縄県石垣市
世界自然保護基金ジャパン 講演会「サンゴと化学物質」「バイオサイドとは?-沿岸域汚染の現状と環境管理」 2006 沖縄県環境衛生研究所、沖縄県那覇市
日本マリンエンジニアリング学会 船底塗料研究委員会 第3回研究会「代替防汚剤の環境影響評価」 2004 東京化学会館
日本海水学会 海水のフロンティア技術シンポジウム講演集. 「有機スズ代替防汚剤と沿岸域環境」 2003 四国電力総合研修所、高松
第18回環境科学会セミナー「化学物質が生態系に及ぼす影響に関する研究展開と国内法制化の動向― 船体防汚剤の生態影響研究」 2003 神戸商船大学
Second International Workshop on Bioassay of the Marine Environment in the Northwest Pacific Region. Environmental risk assessment of new antifouling compound. 2003 Toyama.
生態毒性試験「バイオアッセイ実習セミナー」 2003 熊本県立大学



学会等での発表 Oral/Poster Presentation

※下線の氏名は研究室の院生・学生
タイトル 発行年 著者名、発表名、巻号、会場など
Distribution of Dissolved Copper in Coastal Surface Seawater of Japan. 2017 Yingqing Lin, Tokuji Kitano, Masayuki Matsubayashi, Satoshi Asaoka, Hideo Okamura, DS4-303, The 11th International Symposium on Marine Engineering, ISME2017 Tokyo Odaiba, 2017.10.15-19
沿岸海水中の溶存態銅のモニタリング及びMarine BLMを用いた有害性評価. 2017 北野徳治、林穎卿、松林雅之、浅岡聡、岡村秀雄.
第23回日本環境毒性学会講演要旨集. 1A-2.東洋大学. 2017.9.1-2.
Water stability of a new antifouling biocide tralopyril and its toxicity to freshwater algae Pseudokirchneriella subcapitata. 2017 Vesna Lavtizar and Hideo Okamura
Pollution Control Congress 2017. Melbourne, Australia, 2017.7.20-22.
The Interactive effect of salts and copper pyrithione on a brine shrimp survival. 2017 Vesna Lavtizar, Daisuke Kimura, Satoshi Asaoka, and Hideo Okamura
International Conference on Emerging Trends in Environmental Engineering and Control (ICETEEPC) 2017. Beijing, China, 2017.3.13-14.
日本沿岸の表層海水中の溶存態ニッケルの分布 2017 林穎卿、松林雅之、岡村秀雄、浅岡聡
第51回日本水環境学会年会講演集 熊本大学. 2017.3.15-17.
溶出試験による漁網防汚塗料から海水に溶出した銅が海産藻類に及ぼす影響 2016 北野徳治、田中風太、中村紗矢香、岡村秀雄、浅岡聡
第22回日本環境毒性学会講演要旨集. 19-20. 愛媛大学, 2016.9.6-7.
神戸市の港湾海水中に残留するレーバイル銅 2015 北野徳治、阿部 徹、浅岡 聡、岡村秀雄. 2015. 第85回マリンエンジニアリング学術講演会講演論文集. 47-48. 富山国際会議場. 2015.10.26-28.
瀬戸内海表層海水中における溶存態銅の分布(2015調査) 2015 阿部 徹、北野徳治、浅岡 聡、岡村秀雄、佐久川弘、竹田一彦、第4回ワーク ショップ「船底塗料と海洋環境に関する最新の話題」、講演要旨集、函館, 2015.9.16-17.
夏季における西日本沿岸の表層海水中の溶存態銅の分布 2015 阿部 徹、北野徳治、李国鑫、浅岡聡、岡村秀雄
第49回日本水環境学会年会講演集2015. 287. 金沢大学. 2015.3.16-18.
ジメチルエーテル混合C重油燃料を用いた舶用機関からの排ガスが水生生物に及 ぼす影響評価  2014 篠原 悠、大谷貴士、岡本ひさよ、段 智久、浅岡 聡、岡村秀雄
第84回マリンエンジニアリング学術講演会講演論文集. 155-156. 海峡メッセ下関
Dissolved copper concentration in seawaters at a harbor in Osaka Bay, Japan 2014 Li,GX, Okamura,H., and Asaoka,S.
International Symposium on Marine Engineering (ISME) 2014
Harbin Engineering University, China 2014.9.15-18
水中における亜酸化銅からの銅の溶出挙動 2013 李国鑫, 仁多一徳, 木村太輔, 岡村秀雄, 浅岡聡
第3回ワークショップ「船底塗料と海洋環境に関する最新の話題」講演要旨集.26. 神戸大学海事科学部
天然海水中でのピリチオン防汚剤と銅イオンが塩水性甲殻類に及ぼす影響 2013 木村太輔, 李国鑫, 仁多一徳, 岡村秀雄, 浅岡聡
第3回ワークショップ「船底塗料と海洋環境に関する最新の話題」講演要旨集.18. 神戸大学海事科学部
ピリチオン防汚剤と銅イオンによる塩水性甲殻類に対する相乗的毒性作用 2013 木村太輔, 李国鑫, 上村知輝, 岡村秀雄
第83回マリンエンジニアリング学術講演会講演論文集. 57-58. グランシップ静岡
DME混合燃料由来のディーゼル排ガス微粒子の変異原性評価 2013 岡本ひさよ, 段智久, 岡村秀雄
第83回マリンエンジニアリング学術講演会講演論文集. 107-108. グランシップ静岡
野外水層を用いた炭酸化製鋼スラグによる閉鎖性水域の底質改善効果の検証 2013 浅岡聡, 森澤亮介, 曽我浩正, 岡村秀雄, 村上裕
第47回日本水環境学会年会. 大阪工業大学
炭酸化製鋼スラグの硫化物イオン除去メカニズム 2013 森澤亮介, 浅岡聡, 岡村秀雄, 福士恵一, 村上裕
第47回日本水環境学会年会. 大阪工業大学
炭酸化スラグを用いた底質改善方法における底生生態系への影響評価 2013 曽我浩正, 岡村秀雄, 浅岡聡, 村上裕
第47回日本水環境学会年会. 大阪工業大学
ジャトロファ油由来のディーゼル排ガス微粒子に吸着する有害物質 2012 中村紗也香、尾田恵梨奈、松本紗央里、岡本ひさよ、段智久、岡村秀雄
第82回マリンエンジニアリング学術講演会講演論文集. 59-60. サンポートホール高松.
ジャトロファ油由来のディーゼル排ガス微粒子に吸着するニトロ化PAHs 2012 岡本ひさよ、中村紗也香、松本紗央里、段智久、岡村秀雄
第82回マリンエンジニアリング学術講演会講演論文集. 61-62. サンポートホール高松.
大阪湾底質中のピリチオン防汚剤の残留分析法の検討 2012 木村太輔、Levsantsend Togosmaa、岡村秀雄
第82回マリンエンジニアリング学術講演会講演論文集. 69-70.サンポートホール高松.
水環境中における有機ホウ素系防汚剤の生態影響評価法 2012 壺井愛、岡村秀雄
2012年度日本海水学会第63年会研究技術発表会講演要旨集、日本海水学会誌. 66:157. 日本大学生産学部.
Abnormal duckweed fronds occurred by metal pyrithione. 2012 Okamura,H. and Togosmaa,L.
16th International Congress on Marine Corrosion and Fouling. June 24-28, 2012, Seattle, USA
Can dimethyl ether diminish environmental impacts of diesel exhaust particulates from marine diesel oil? 2011 Okamura,H., Sawamoto,T., Dan,T., and Fujita,H.
9th International Symposium on Marine Engineering (ISME), C5-3, October 17-21, 2011, Kobe, Japan
誘導体化HPLC法によるピリチオン化合物の定量 2011 Togosmaa,L. 岡村秀雄
第2回ワークショップ「船底塗料と海洋環境に関する最新の話題」講演要旨集. 26. 千葉工業大学
ピリチオン防汚剤がウキクサ葉状体に及ぼす影響 2011 Togosmaa,L. 岡村秀雄
第17回日本環境毒性学会講演要旨集. 42. 鹿児島大学
ディーゼル排気微粒子の環境毒性に及ぼすDMEの添加効果 2011 沢本拓也、岡村秀雄、藤田浩嗣、段智久、
第81回マリンエンジニアリング学術講演会講演論文集. 49-50. 東京海洋大学.
水環境中におけるトリフェニルボラン防汚剤の運命に及ぼす光の影響 2011 壺井 愛小山誠司、岡村秀雄、福士恵一
第81回マリンエンジニアリング学術 講演会講演論文集. 55-56. 東京海洋大学.
広島湾北部海域における有機スズ代替化合物汚染とカキに与える影響 2010 常政典貴、岡村秀雄
第80回マリンエンジニアリング学術講演会講演論文集. 59-60. 朱鷺メッセ.
船舶ディーゼル排ガス由来粒子状物質の変異原性評価 2010 沢本拓也、岡村秀雄、藤田浩嗣、段智久
第80回マリンエンジニアリング学術講演会講演論文集. 55-56. 朱鷺メッセ
バイオアッセイによる港湾表層底質の汚染評価 2010 高取紘平、岡村秀雄
第80回マリンエンジニアリング学術講演会講演論文集. 53-54. 朱鷺メッセ
重金属イオンが防汚剤トリフェニルボランピリジン(TPBP)の運命に及ぼす影響 2010 壺井愛、岡村秀雄、福士惠一
日本海水学会第61年会講演要旨集、日本海水学会誌、64(3):132、石巻
Ecotoxicity assessment of new biocide-free antifouling paints. 2009 Okamura,H., Kawachi,M., Hanyuda,T., and Kawai,H.
14th International Symposium on Toxicity Assessment. 62. Metz, France.
The influence of organotinalternative antifoulants on oysters embryology. 2009 Tsunemasa, N. and Okamura, H.
14th International Symposium on Toxicity Assessment. 62. Metz, France.
水環境におけるトリフェニルボラン防汚剤の生態影響評価. 2009

壺井愛, 岡村秀雄, 常政典貴

ワークショップ「船底塗料と海洋環境に関する最新の話題」講演集. 23. 函館.

キャピラリーゾーン電気泳動法によるピリジントリフェニルボラン及び分解生成物の同時定量. 2009 福士惠一, 薬師寺雄樹, 岡村秀雄, 橋本陽一, 齋藤惠逸
ワークショップ「船底塗料と海洋環境に関する最新の話題」講演集. 24. 函館.
底質コアサンプル中の船底防汚剤分布. 2009 常政典貴, 岡村秀雄, 張野宏也, 山崎秀夫
ワークショップ「船底塗料と海洋環境に関する最新の話題」講演集.25. 函館.
遺伝子マーカーによる船体付着藻類の多様性解析. 2009 川井浩史, 羽生田岳昭, 河地正伸, 岡村秀雄
ワークショップ「船底塗料と海洋環境に関する最新の話題」講演集. 31. 函館.
船舶ディーゼル排ガス由来粒子状物質に吸着した有害化学成分に関する研究. 2009 沢本拓也, 岡村秀雄, 藤田浩嗣, 河原林威一郎
第79回マリンエンジニアリング学術講演会講演論文集. 161-162. メルパルク広島.
海産発光細菌を用いた港湾底質の汚染評価. 2009 高取紘平, 常政典貴, 岡村秀雄
第79回マリンエンジニアリング学術講演会講演論文集. 163-164. メルパルク広島.
カキ発生に与える有機スズ代替船底防汚剤の影響. 2009 常政典貴, 岡村秀雄
第79回マリンエンジニアリング学術講演会講演論文集. 165-166. メルパルク広島.
船底用および漁網用防汚剤の水環境における運命
(ポスターアート賞受賞).
2009 壺井愛, 井谷武, 岡村秀雄
日本海水学会第60年会講演要旨集. 16-17. 東大.
Fate of triphenylborane-pyridine antifouling agent in sediments. 2008 Okamura,H. and Kitano,S.
5th SETAC World Congress, Sydney, Australia.
Triphenylborane-pyridine antifouling agent degrades by metal ions? 2008 Tsuboi,A., Okamura,H., Harino,H., Tsunemasa,N., Thomas,K., and Shim,WJ.
14th International Congress on Marine Corrosion and Fouling. 30. Kobe. 2008.7.27-31.
Simultaneous determination of pyridine triphenylborane (TPBP) antifouling agent and its estimated degradation products by capillary zone electrophoresis. 2008 Fukushi,K., Yakushiji,Y., Okamura,H., and Hashimoto,Y.
14th International Congress on Marine Corrosion and Fouling. 31. Kobe.
Contamination of organotin alternative antifoulants in coastal seawater and sediment of Hiroshima Bay. 2008 Tsunemasa,N. and Okamura,H.
14th International Congress on Marine Corrosion and Fouling. 9. Kobe.
船舶ディーゼル排ガス由来微粒子が動植物プランクトンに及ぼす影響評価 2008 河原林威一郎, 岡村秀雄, 藤田浩嗣
日本マリンエンジニアリング学術講演会. 長崎.
Degradation products of triphenylborane-pyridine antifouling agent in water. 2007 Kitano,S., Okamura,H., Toyota,S. Kawarabayashi,I., Harino,H., Thomas,K.V.
13th International Symposium on Toxicity Assessment. 62. Toyama.
Ecotoxicity reduction of leachates from model waste columns using permeable reactive barrier (PRB). 2007 Nishikawa,T., Okamura,H., Isogai,T., Ono,Y., Kurata,Y., Watanabe,Y., Mohri,S., and Ono,Y.
119. 13th International Symposium on Toxicity Assessment. Toyama.
Consideration of salinity in the evaluation of landfills and solid wastes using aquatic and terrestrial higher plant test. 121 2007 Mohri,S., Okamura,H., Izmo,T., and Ono,Y.
13th International Symposium on Toxicity Assessment. Toyama,
An evaluation of some PAHs in seawater of the Seto Inland Sea and the Pacific Ocean near west Japan. 2007 Miyanaga,M., Kaneda,K., Okamura,H., Yano,Y., and Nogami,Y.
112. 13th International Symposium on Toxicity Assessment. Toyama.
Acute toxicity of the ash from a gasification test plant on earthworm survival 2007 Okamura,H., Suzuki,K. Mohri,S., and Ono,Y.
SETAC Europe 17th Meeting, Porto, Portugal.
瀬戸内海及び太平洋におけるPAHsの濃度レベルのモニタリング. 2007 兼田和彦, 宮永政光, 野上祐作, 岡村秀雄, 矢野吉治
第40回日本水環境学会年会講演集. 大阪産業大学.
The impacts on marine environments by the biocides in ship antifouling paints. 2006 Zhou,X., Okamura,H., Nagata,S.
468-473. Dalian, China
ウキクサ葉状体の異常を指標とした浸出水中の化学物質の影響評価. 2006 西川嵩紘, 久地井美央, 岡村秀雄, 毛利紫乃, 小野芳朗
第12回環境毒性学会講演要旨集. 52. 北里大学.
水中での硝酸ミコナゾールの光分解性評価 2006 北野翔太, 岡村秀雄
日本海水学会第57年会研究技術発表会講演要旨集. 14-15. 高松.
瀬戸内海と太平洋における海水中の多環芳香族炭化水素濃度の比較.   兼田和彦, 宮永政光, 野上祐作, 岡村秀雄, 矢野吉治
第40回日本水環境学会年会講演集.548. 仙台.
Phytotoxic effects of landfill leachate in Japan. 2005 Okamura,H., Kutchii,M., Kose,T., Mohri,S., Yamada,M., Ono,Y.
Proceedings in 10th International Waste Management and Landfill Symposium. 789-790. Sardinia, Italy.
Single anf joint toxicity of some new antifoulants against Vibrio fischeri by bioluminescent assay. 2005 Zhou,X.J., Okamura,H, and Nagata,S.
108, Pacem in Maribus 31 Conference. Townsville, Queensland, Australia
Luminescent bioassay using Vibrio fischeri to assess the pollution of antifoulants. 2005 Zhou,X.J., Okamura,H., and Nagata,S.
Conference on Health and Biodiversity. Galway, Ireland.
Toxicity reduction of metal pyrithiones by near ultraviolet irradiation. 2005 Okamura,H., Kobayashi,N., Miyanaga,M., and Nogami,Y.
147、14th International Symposium on Toxicity Assessment. Skiatos, Greece.
Toxicity assessment of the sediments around dockyards using marine algal test. 121. 2005 Mieno,H. and Okamura,H.
14th International Symposium on Toxicity Assessment. Skiatos, Greece.
PAHs level in seawater of the Seto Inland Sea and the Pacific Ocean near West Japan. 2005 Nogami,Y., Miyanaga,M., Okamura,H., and Yano,Y.
17. 14th International Symposium on Toxicity Assessment. Skiatos, Greece.
An examination on oxidative decomposition of esterogen like substances using photocatalyst. 2005 Shimamura,J., Miyanaga,M., Okamura,H., and Nogami,Y.
148. 14th International Symposium on Toxicity Assessment. Skiatos, Greece.
浸出水中の亜鉛が水生植物ウキクサに及ぼす影響. 914-915. 2005 岡村秀雄, 久地井美央, 西川嵩紘, 毛利紫乃, 小野芳朗, 山田正人
廃棄物学会2005年会講演論文集, 仙台.

有機ホウ素系船底防汚剤が水生生物に及ぼす影響
(クリタ賞受賞).

2005 井藤悠貴, 岡村秀雄, 羽曽部正豪, 白戸孝明
第39回日本水環境学会年会講演集. 187. 千葉.
広島県北部における有機スズ代替船底防汚剤による底質の汚染状況 (Poster). 2005 常政典貴, 上野博昭, 今村光徳, 岡村秀雄
第39回日本水環境学会年会講演集. 554. 千葉.
Ecotoxicity of seawater in and out dockyards. 2004 Okamura,H., Fujita,A., Harino,H., Zhou,X., Nagata,S., Yano,Y., and Ishida,K.
OCEANS ‘04 MTS/IEEE/TECHNO-OCEAN’04. 1793-1796. Kobe.
Ecotoxicity of landfill leachates using a battery of bioassay(Poster). 2004 Okamura,H., Mohri,S., Yamada,M., Inoue,Y., Mieno,H., Ito,Y., and Fujita,A.
WEPO 011/005, 268. Proceedings in SETAC Europe 14th Annual Meeting. Prague, Czech Republic.
Photosensitized degradation of Irgarol 1051 in water. 2004 Okamura,H.
Proceedings in International Symposium on Antifouling paint and Marine Environment (InSAfE) 223-227. Tokyo
Effects of new antifouling biocides on marine plankton (Poster). 2004 Mieno,H. and Okamura,H.
OCEANS‘04 MTS/IEEE/TECHNO-OCEAN’04. Kobe.
Antibacterial activity of the marine sponge Psammaplysilla purpurea: Importance of its surface-associated bacteria. 2004 Kangasababathy,M., Nagata,K., Fujita,Y., Tamura,T., Okamura,H., and Nagata,S.
OCEANS ‘04 MTS/IEEE/TECHNO-OCEAN’04. 1323-1329. Kobe.
代替船底塗料物質による海域の汚染状況について. 2004 常政典貴, 尾川健, 今村光徳, 岡村秀雄
第13回環境化学討論会講演集. 静岡県立大学.
バイオアッセイを用いた代替防汚剤の分解性の評価. 2004 井藤悠貴, 岡村秀雄, 羽曽部正豪, 皆川敬志
日本海水学会第55年会研究技術発表会講演要旨集. 43-44. 岡山.
海産動植物プランクトンに及ぼす新規防汚剤の影響評価. 2004 三重野紘央, 岡村秀雄, 井藤悠貴, 藤田あい
第38回日本水環境学会年会講演集. 92. 札幌.
瀬戸内海と太平洋における海水中の多環芳香族炭化水素濃度レベルについて. 2004 織田昌利,宮永政光,野上祐作,岡村秀雄
第38回日本水環境学会年会講演集. 33. 札幌.
Photosensitized degradation of Irgarol 1051 in freshwater. 2003 Okamura,H. and Sugiyama,Y.
Proceedings in SETAC Asia/Pacific and ASE 2003 (Poster). 316. Christchurch, New Zealand.
最終処分場浸出水が植物に及ぼす影響評価(Poster). 2003 岡村秀雄, 井藤悠貴, 藤田あい, 三重野紘央, 毛利紫乃, 山田正人, 井上雄三
廃棄物学会2003年会講演論文集、1137-1138. つくば.
船底防汚塗料バイオサイドによる沿岸域汚染 . 2003 岡村秀雄
第6回日本水環境学会シンポジウム講演集. 225. 神戸女学院大学.
最終処分場浸出水が動物プランクトンに及ぼす影響評価. 2003 岡村秀雄, 藤田あい, 井藤悠貴, 三重野紘央, 毛利紫乃, 山田正人, 井上雄三
環境科学会2003年会講演集. 56-57. 東大.
バイオアッセイを活用した新規防汚剤の分解性評価 . 2003 岡村秀雄
ソルト・サイエンス研究財団第15回助成研究発表会要旨集.39. 東京日本都市センター.
代替船底塗料物質による海域の汚染状況について. 2003 常政典貴, 尾川健, 今村光徳, 岡村秀雄
第37回日本水環境学会年会講演集. 268. 熊本県立大学.
リグニン分解酵素によるIrgarolの分解. 2003 小川直人, 平井浩文, 西田友昭, 岡村秀雄
第47回リグニン討論会. 136-139. アクロス福岡国際会議場.